【デロイト出身者執筆】BIG4コンサルへの転職におすすめのエージェント3選

BIG4コンサルへの転職におすすめのエージェント3選

BIG4コンサルへの転職を希望しています。どんなエージェントを使うべきですか?

こんな疑問に答える記事です。

結論からいうと、BIG4コンサルへの転職には、コンサル業界に特化した以下3社がおすすめです。

逆に、リクルートエージェントやDODAはおすすめしません。

なぜそう言い切れるのか、実際に転職エージェントを使い、事業会社→BIG4コンサル(デロイト)に転職した経験をもとにお話しします。

もくじ

【結論】BIG4コンサルへの転職におすすめのエージェント3つ

BIG4コンサルへの転職で使うべきエージェントを再掲します。

上記は「コンサル業界への転職に特化したエージェント」です。それぞれの特長を紹介します。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、総合系・IT系コンサルファームへの転職で最強のエージェントです。

BIG4コンサル(DTC、PwC、KPMG、EY)、アクセンチュア、アビームコンサルティング志望なら、ここだけ登録すればOKです。

おすすめポイント
  • 総合コンサルで国内最多の転職支援実績
  • 会社別のケース対策が充実
  • 2~3年スパンで支援してくれる

筆者も2回お世話になりましたが、本当に良いキャリアコンサルタントがそろっていると感じます。

無理に転職をゴリ押してこないので、精神的にも楽でした。

登録したら、その日のうちに面談を申し込みましょう。それくらいの行動力が無いと、コンサル業界への転職は成功しません。今まさに、あなたがハマる求人に、別の誰かが応募しているかもしれません。

ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリアは、古くからコンサル業界に特化している転職エージェントです。

おすすめポイント
  • コンサル専門のエージェントとして長い歴史を持つ
  • 会社別の過去問を閲覧できる

戦略コンサルへの転職に注力しているエージェントですが、ケース面接の過去問を見られるのは大きな魅力。

ケース対策がとにかく不安な人は、ムービンにも登録しておきましょう。

コンコードエグゼクティブグループ

コンコードエグゼクティブグループは、戦略コンサル(マッキンゼー、BCGなど)への転職対策で有名なエージェントです。

おすすめポイント
  • コンサルタントの半数がコンサル業界出身者・内定獲得者
  • 戦略コンサル対策に強い

こちらも戦略コンサルに強いエージェント。BIG4と戦略コンサルを並行して受ける人は登録しておきましょう。

使ってはいけない転職エージェント

じつは、リクルートエージェントや DODA などの大手はおすすめしません。理由は以下3つ。

  • コンサル業界を知らない担当者がつきやすい
  • 会社別のケース対策ができない
  • 無理に転職を押してくる人が多い

筆者の経験をもとに、1つずつお話ししていきます。

コンサル業界を知らない担当者がつきやすい

リクルートエージェントやDODAは全ての業界をカバーしている、いわば「総合転職エージェント」です。そのためコンサル業界に深い知見がある担当者が少ないです。

実際、筆者はコンサル業界への転職を考えた当初、リクルートエージェントに登録して担当者と面談しましたが、まあひどい対応でした。

「あなたの学歴、社歴ではコンサル業界は無理です!」

と、一刀両断されたのです。

納得できなかったので、自分で求人を探し「どうしても受けたいんです!」と相談。

「まあ、勝手にどうぞ」という冷ややかな反応でしたが、フタを空けてみたら、普通にBIG4の一角に転職できました。

転職が決まった後ですら「まさか、あなたにこんな条件でオファーがくるとは思いませんでした笑」なんて言ってきて、ぶっ飛ばそうかと思いましたムッとしました。

会社別のケース対策ができない

コンサル業界では「ケース面接」と呼ばれる特殊な面接が行われます。BIG4のケース面接はそこまで難しくありませんが、対策は必須です。

しかし大手のエージェントでは、会社別のケース対策まではできません。模擬面接会はありますが、実際のコンサル会社のケース面接とは別物でした。

大手だと、どうしても最大公約数的な対策しか提供できないのだなと思いました。

無理に転職を押してくる人が多い

大手のエージェントは数字を取ってなんぼの世界。そのため、わりと転職をゴリ押してくる人がいます。

一方、コンサル専門のエージェントの担当者は、長い目でキャリア形成を支えてくれます

もちろん人や時期によっても違うのでしょうが、大手エージェントとコンサル専門のエージェントは、職業意識レベルに違いがあるように感じました。

◆◆

BIG4コンサルへの転職を目指すなら、大手のエージェントを使うのはダメです。

これらを使った経験がある知り合いに15人ほど話を聞きましたが、みんな、感想は似たり寄ったりでした。

にもかかわらず、ネットには「BIG4ならリクルートエージェントがおすすめ!」と書いている記事が結構あります。

おそらくですが、、、

自分でコンサル会社に転職した経験もなければ、転職エージェントを使った経験すらない人が、アフィリエイトの報酬を得るために適当に記事を書いているんでしょう。

転職エージェントを使うコツ6つ

転職エージェントの担当者も人間です。

ビジネスの相手として信用できない転職志望者の対応には、あまり力を入れてくれません。

ここでは、実際に5社以上の転職エージェントとおつき合いをしてきた筆者が、転職エージェントを使うときのコツ6つをご紹介します。

1:とにかく即レス

返事が遅いと、やる気がないものとみなされます。

メールや電話はできる限り早く返しましょう。考える時間がほしい場合は、その旨をすぐに返答します。

2:決断よく行動する

エージェントへの登録後、転職を希望する時期を聞かれたら「可能な限り、早く転職したい」と答えましょう。

「現職がまだ忙しくて・・・」「いろいろな会社を比較したくて・・・」と渋っていると、エージェントからは敬遠されます。

彼らも経験豊富なので「ああ、これはいつまでも決断できないタイプだな」と判定され、求人情報を提供する熱意も冷めてしまいます。転職活動中は決断よく行動しましょう。

3:職務経歴書は本気で書く

エージェントへの登録後に提出する職務経歴書は、本気で書きましょう。というのも、最初に提出された職務経歴書のクオリティが低いと、それだけで担当者のやる気が失われるためです。

コンサルを志望するなら、以下の点に気をつけて職務経歴書を作りましょう。

  • 現職で得たスキルを箇条書きで簡潔にまとめる(ダラダラと長い文章は読んでくれない)
  • 現職で得たスキルをコンサル会社でどう活かすかを書く
  • 誤字・脱字をしない(コンサルは誤字・脱字に超敏感に反応する)

また、コンサル会社に勤めている知り合いがいるなら、必ず添削を受けてください。できるだけボロクソに言ってくれるような人にお願いするのがベターです。

4:週1回はサイトにログインする

転職エージェントの担当者は、なるべく本気度が高く成果が出やすそうな転職志望者に多くの時間を割きたいもの。

具体的には転職エージェントのWebサイトのログイン頻度や最終ログイン日時などでソートして、オファーを出しています。

有益な求人情報を見逃さないためにも、最低、週1回は使っているエージェントのサイトにログインしましょう。

5:担当者の質が低いと感じたら変更する

この記事で紹介しているおすすめエージェントは、基本的に担当者の質は高いです。

しかし、キャリアが浅かったり、あなたが志望する会社の対策に熟知していないケースもあります。イマイチだと感じたら、遠慮なく担当者の変更を依頼しましょう。べつに普通のことなので。

あくまで、自分が最高の結果を出すことだけにこだわって行動しましょう。

6:推薦文を読む

転職エージェントを使う最大のメリットは、志望先の会社に対して推薦文を書いてくれることです。ただし推薦文のクオリティは、担当者によって雲泥の差があります。ですから、担当者が書いた推薦文は、必ず見せてもらいましょう。

まとめ:転職エージェントを使って、BIG4コンサルへの転職を成功させよう

BIG4コンサルへの転職で使うべきエージェントを再掲します。

とくにおすすめはアクシスコンサルティング

BIG4出身者も多く、コンサル業界の内情もきちんと教えてくれますし、ガツガツと転職をゴリ押してくることもありません。

本気でBIG4コンサルに転職したいなら、必ず今日のうちに登録と面談の申し込みまでやりましょう

キツイ言い方かもですが「今は忙しいから・・・」と言ってる人は、たぶん、5年後も10年後も「今は忙しいから・・・」と言ってます。それであっという間に一生が終わります。

あなたの経験や強みをピンポイントにほしがっているコンサル会社が、今まさに求人を出しているかもしれません。チャンスを逃さないよう、早く行動しましょう。

おわり。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ